学校教師と塾講師


職業にもいろいろな種類がありますが、その中でも、学校教師・塾講師は、いずれも「先生」と呼ばれる仕事です。 とは言え、学校教師と塾講師は、それぞれ特徴に違いがあるので、自分にとってなりやすい方を選ぶためには、それらの相違点を前もって理解しておくことが大切です。 それら2種類の仕事には、生徒の学力向上や志望校合格を目標に、勉強を教えるという共通した特徴があります。 しかしながら、学校教師には、勉強面のみならず、生活や部活動、進路などの指導、保護者面談などの仕事も行ないます。


そのように、生徒がバランスの取れた人間に成長するよう、サポートするのが学校教師なのです。 一方、塾講師は、与えられた時間の全てを、生徒の学力向上・志望校合格のために使います。生徒や保護者にしても、そのあたりの事情は把握しており、塾講師に対して、勉強以外の指導を要求することはありません。 また、それら2つの仕事へ就くために必要な資格にも、相違点があります。 教員免許は、学校教師となるためには必要ですが、塾講師として就職する場合、有利にはなるものの、絶対に必要という訳ではありません。


ただし、一定レベルの学歴が、塾講師の採用条件となっている場合もあります。 このカテゴリーでは、「学校教師・塾講師の内、なりやすいのはどちらか?」という疑問をお持ちの方のために、お役立ち情報をいろいろとご提供してまいります。 是非チェックして、参考にしてみて下さい。


※塾講師関連サイト
人により塾講師、家庭教師向き、不向きあるかと思いますが、塾講師でバイトするなら参考なります。
・・・ 塾講師のバイト